特定施設てとての森モデル事業

特定施設てとての森モデル事業

医療法人CLSすがはら 地域密着型特定施設「てとての森」では

この度令和2年度福岡県事業「介護職チームケア実践力向上推進事業」に取り組んでおります。

この事業における当法人の狙いとしては、

①介護事業における慢性的な人材不足を解決するべく、効率の良い働き方を行う

②外部からの人材受け入れ(障害者、高齢者、地域住民)を行うことで、多様性をもたらす。

そして、実践することにより「ケアをする側」「ケアをされる側」両方に新たな価値をもたらす。

 

ことを目指しております。

 

その上で、特定施設てとての森モデル事業を実施している最中です。

1.仕事の切り出し

 

介護施設での切り出せる業務を検討しております。

 

2.マニュアル作成

 

 

ここでは動画を用いた、直感的に分かりやすいマニュアル作成をしております。

タブレットでいつでもどこでも手順を確認できます。

 

 

 

3.就労移行支援事業所「ディスカバリー」との打ちあわせ

 

 

今回は当法人事業所「ディスカバリー」とコラボをして取り組んでいます。

「ディスカバリー」の利用者の中には将来障害福祉関係の仕事に従事したい方もいらっしゃいます。

その利用者の個性に合わせたマニュアルへとブラッシュアップさせるべく「生活支援員」「就労支援員」と共に議論を行います。

 

4.実習

 

 

 

5.その後

 

 

Next Post