大牟田市認知症SOSネットワーク模擬訓練

IMG_2780

 

 

9月3日(木) 大牟田市認知症SOSネットワーク模擬訓練 全体連絡会議が

大牟田文化会館で執り行われました。

写真は、その中でも小学生が認知症について学んだことを、自らの言葉・演技で表現していた場面でした。

大牟田市がどうして「認知症の街」と呼ばれるのか、そのわけがよく分かりました。

そして、認知症の方々を支えるためには、地域がともに協力し合って助け合う、そんな街をつくっていかなくてはならないということがよく分かりました。

決して、認知症のことをたくさん勉強することが、認知症の方々を地域で支えることにはならないということでしょう。

もちろん認知症に関する誤った知識も問題だとも思います。そういう観点からも、今回から大牟田市は旧来の「徘徊模擬訓練」という名称から、「認知症SOSネットワーク模擬訓練」と名称を変更しました。

そのわけは、認知症の人々は目的も無く、ただ「徘徊している」というわけではない、というメッセージを打ち出すためでもありました。

 

 

当院も今回の訓練に参加をし、より良きまちづくりに貢献していこうと思います。 what happens when a domain expires . domain suggestions .